物創りの現場見学

マルチスキルワークで​創意工夫

​マルチスキルワークとは一つの職種ではなく

複数の職種(職人、技術者)を一人でこなせる

人を​リクエストブリッジでは推奨しています。

リクエストブリッジのスタジオでは、

併設するK DESIGN GROUPの木工所

kisimune iron studioの鉄工や他様々な

物創りを行う場所です。

その物創りの過程を皆さんあまり

見る機会が少ないかと思いますので

​画像解説ですが、様々な物が創られる

様子をお伝えできればと思います。

upload_-1%20(3)_edited.jpg

​モダンな洗面ボールができるまで

マルチスキルワークショップでおなじみの

簡単に作れる形に防水漆喰とタイルで

​飾り付けるタイプ。

DSC_1414.JPG

大きさを決めて底板は防水コンパネ、

​側板は好みの厚み(縁の厚みになる)と幅(縁の高さになる)木材を選びカットする。

カットした板を四角く組み、底板を

しっかり多い目にビスで止める。

先に板を四角く組み、それに合わせて

​底板を切ると、奇麗に合わさります。

DSC_1415.JPG
DSC_1416.JPG

市販の排水パイプセットを用意して

好みの位置(基本的には奥から10cm以内、左右の真ん中)にパイプのサイズに合わせた穴をあける。

少し専門道具とドリルがいるので、

DIYの際は、ホームセンター等で木材カットと穴加工を事前準備するのも

​一つの方法です。

DSC_1418.JPG
DSC_1419.JPG

穴加工が終われば一度、排水パイプは外してラス網を張っていきます。

ラス網はブリキばさみや金物はさみで切れますが、

手を切ったりついたりとけがをする可能性があるので、

皮手袋等で扱うと安全です。

寸法はきっちり出なくても、足したり​パッチワークの要領で貼っても

大丈夫です。

止め方はタッカーでなるべくたくさん打ちます。しわやふくらみが

なるべく無いように全体を包むように張りますが、底の裏には

付けないようにします。

DSC_1420.JPG

​次に止水モルタルを塗りつけていきます。

底の部分は排水穴に向かって勾配に

気を付けて、一度目は少し薄く塗り、

少し乾かして、二度目を塗ります。

二度目は少し厚めにつけて、飾りタイルを

乾かないうちに、軽くめり込ませる感じで

​付けていきます。

タイルが整ったら、完全に乾かします。

(急激に乾かすとヒビが入ったり、タイルが

外れやすくなるので、​慌てずじっくりと

日陰で放置します。)

DSC_1422.JPG
DSC_1423.JPG

​乾ききったら、次は防水漆喰をタイルを

​覆いつくすまで塗ります。

この時に、先の排水パイプの金具を止めて

底の勾配が、排水パイプ金物に向かうように

塗り均していき、全体的に、タイルが

薄っすら見えるまで塗り重ねていきます。

一通り塗って、指で触ったときに少し

柔らかいガムの硬さに乾いたタイミングで

​濡らした刷毛やスポンジでタイルや模様の上についた、防水漆喰を剥がしていきます。

​(刷毛やスポンジに水分が多いと周りの漆喰も取れるので、慎重に手早く漆喰が乾ききらないうちに行います。)

DSC_1424.JPG
DSC_1427.JPG

まだ少し模様やタイルに薄っすら残っていますが、完全に乾いてからでも

この程度はふき取れますので、​大丈夫です。

完全に乾いたら、一度掃除をして

モルタル外壁用の防水塗料(スプレータイプでも

大丈夫)を2~3回、塗っては乾かしを行い

工房での製作は完了です。

その後、設置場所にて排水パイプを組み付けて

お掃除をして完成します。

​以上が今回の洗面ボール制作の現場見学でした。

洗面ボールは、洗面台だけではなく、ガーデンパーツとして使われたり

工夫次第では無限大の仕様が出来ます。

リクエストブリッジのワークショップやそれ以外でも自分で作りたい方には、

場所と道具類、ノウハウを提供しますので​お気軽に、リクエストブリッジまで

メール等でお問い合わせ頂ければ、皆様の創意工夫をお手伝いいたします。